インクナブラ

 主に創作小説を掲載します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まんがの話とフィクションにおける天才の事 

 タイトルまんま。クソ忙しい割に一向に作業の進まない年末に、何とも暢気な漫画話、略してマンバナとかしちゃおうぜという趣旨。
 
 イブニング。
 モーニングの兄弟誌の。
 既に私的に空気になりつつある最近のモーニングに反して、このイブニングが最近アツい。というか単に日本橋ヨヲコの新連載が嬉しいってだけだけど。
 この人の漫画は、ヤンマガでやってた「極東亜天国」もIKKIの「G戦場~」も、根底にあるのは「青春」で、今度のバレーボールなんかは題材からして青い春。
 一話は面白かったけど、人物を出しすぎな感もあった。正統派群像劇をやりたいんだろうな、というのは伝わる。

 あと例によって「昼行灯だけど実は凄い」系キャラがいた。他にいつも天才を主題に置く作家というと、漫画家ではシャカリキの人(チョイスは個人的趣味)、あるいはちょっとズレるけど新井英樹とか、小説家では森博嗣などが思いつくけれど、なにか、天才というのはそういう魅力があるんだろうか、と勘ぐってしまう。

 といっても、フィクションで描かれる「天才」というのは良くも悪くも偶像的で、偶像的人物造型なんてフィクションの専売特許なのだから、掘り下げられるのも道理かもしれない。
 テーマに関わらなくても、コマとしての天才なんて、フィクションの世界では石を投げれば当たるというくらいいる。
 この際たとえばフィジカルな面での「天才性」を強調するのは結構容易い。基本的な能力の規格を常識ラインから引き離すだけで、「そういうもの」だと受け手側を納得させることが出来る。よっぽど現実離れしない限りは。

 ただ、他の人はどうかわからないが、個人的にフィジカルでずば抜けた能力を保有している人を「天才~」と呼ぶのはどこかピント外れな気がしている。それはそれで凄いことは、もちろん認めるにやぶさかでない。
 ただこういうパターンの方が、創作として描写する場合楽なのは確かだ。その分、ありきたりさは拭えなくなる。

 ここで問題となるのは、主に頭脳面で天才ぶりを発揮するキャラクター(と言い切ってしまう)。これに関して昔から何度も言われてる言葉がある。いわく、
「作者より頭がいいキャラは描けない」。
 けだし真理。創作に限ってはとんびが鷹を産むことはない、ということか。
 それを承知で天才を描写する場合は、色々な先人を参考にしてみたりして、結果的に類型的になるわけだ。十台で大学を卒業したとか、電卓みたいに計算が速いとか、そんな具合に。
 でもこれはキャラクターに付与された天才としての「記号」でしかなくて、実際的にそのキャラクターが天才だと設定以上の次元で認知されることはほぼありえないと言っていい。少なくとも私は知らない。
 要はフィクションにおける「天才」は、「絶世の美人」なんかと同じ、探せば現実にはいるけれど、決してリアルではない、形而上と形而下をうろうろする形容詞なのであった、という話。

 しかしこの法則にのっとりつつも一段進化したのが、いわゆる「ミステリ」ではないか。――と思うのだけど、脱線になるので捨て置く。
 そもそも「天才」という言葉が示すもの自体偶像的であるから、こういう思考もバイアスがかかってるといえばかかってるんだけど、ま、聞き流してくれると嬉しい。

 しかしまあ、色々と興味深い存在なので、一度は現実に会ってみたい。

 ……とにかく日本橋ヨヲコの作品は、青臭さが気にならない人ならおすすめ、まる。
スポンサーサイト
[ 2005/12/28 02:58 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

家族のイデア――後書 

 というか反省文というか。
 毒にも薬にもならない回顧なので、お気兼ねなく。

[ 2005/12/27 01:56 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・跋 

 勢い……!
 勢いで押し切って……っ!
 深いことは考えなくていいからっ……!

 で、最後。
 ここまで読んでくれた方、いたとしたら全開のありがとうを遅らせてください。

 以下エピローグ。


[ 2005/12/27 01:42 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・7 

 くらいまっくす後編。
 次でおしまい。

[ 2005/12/27 01:37 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・6 

 言い訳したくなってきた。
 しかし弱音はグッと飲み込んで、いよいよ(無理やりな)クライマックス。

[ 2005/12/27 01:34 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・5 

 五。

[ 2005/12/27 01:28 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・4 

 グランブルー(訳:とても憂鬱)。
 貴方の心の肉襦袢、ボタンです(注:斬新さを意識した挨拶)。

 年の瀬はこの『追い込まれてる感』が胸をときめかせる。
 なぜだろう。
 子供のときはもっと無心に、そぞろなこの空気を楽しめたのに。

 そうしてエマヌエルの定言命法が心を苦しませる年末に、「家族のイデア」一挙更新を試みるのだった。


[ 2005/12/27 01:25 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・3 

 メリクリ。良い子のみんな、サンタはコカコーラ社が作り出した商用共同幻想だよー!(挨拶)
 
 と……文化人類学的には出がらしっぽいサンタだけど、その中でも一際異彩を放っているのがドイツ謹製サンタクロース。なんとかの国のサンタ、双子だそうだ。
 一方は広く人口に膾炙しているほうのイメージで、残った片割れは2Pカラーのごとく、黒い。秋田県のなまはげ宜しく、悪い子におしおきするのがこの黒サンタの役目らしい。
 ちなみに今はサンタが二人いるのではなく、サンタが手下として怪人を従えて、そいつらに命じてクソガキを折檻する、という形式が一般的になった模様だ。
 物事には二面性があるという、なんだか含蓄があるような話という気もしなくはないが、しかし手下に命じて子供をお仕置きするという構図は果たしていいものか?

 そんな問題提起をうっちゃって、「家族のイデア」三話め。


[ 2005/12/25 22:43 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・2 

 切ない……この気持ち……。こう、何? 今日と明日は自分にちょっと贅沢を許していいよね……というようなハートほとばしる。イブ、これがクリスマスイブ。

 と、言うほど気持ちに変化はなかったりする。余計ダメ。

 まあ、何か予定ある人は防寒を万全にしてイベントを謳歌するとよろし。

 まだ別にヤマのない家族のイデア、二話目。
 内容は特に時節と関係ありませんので悪しからず。

[ 2005/12/24 01:08 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

家族のイデア・1 

 世間では地獄のハッピーホリデイだろうがそんなことは気にせず後ろ向きに更新。いや、今日は天皇誕生日だけれども。
 ちなみにA級戦犯の処刑が行われた日でもあったりする。
 そして作品紹介。

タイトル 家族のイデア
ジャンル (途中まで)サスペンス風・妹・(後半から)荒唐無稽
あらすじ 受験に失敗した主人公は受験に成功したくせにひきこもりの妹に困る。若干色めいた描写あり。

 二度目にしてやる気の希薄さが漂う紹介文だけど、エディプスよりは若干読み手を意識した話です。前作を読んでくれた有難い方は是非是非に。
 そんでは以下。

[ 2005/12/23 16:47 ] 家族のⅠ | TB(0) | CM(0)

明けぬ日の 

 今夜も寒い。
 ずいぶんカウンターが回ってるな、と思ったらいつの間にか津村千尋さんと丸居瞬さんのお二方にリンクを張って頂いた模様。
 感謝。

 二人ともLighterという一次創作サークルで活動していたのだけど、私も来年から雑用やら何やらも兼ねて正式に参加することになりそう。その辺りは追々というコトで。

 ところで最近、「一般小説とライトノベル」について少しばかり関心を持っている。
 というのも、自分の立ち位置というのが自分ではよくわからないからだ。
 たとえばこの前掲載した「夜明けの~」はポン刀振り回すという発想そのものは「ライトノベル」だけど、たとえばこんな話が「電撃文庫」あたりに載ってたらどう思うよ? みたいなね。私なら「なにこいつ? ファウスト行けよ。わけわからない。てゆーか主語が多いよ」とか言う絶対。

 ……と、私は今流行の「ファウスト系」にどちらかといえば近いという結論が期せずして出てしまったけれど、まあそれはそれとしておく。でもあれ、購買層はライトノベルとそう変わらないんジャ。

 そういえば、今や文芸誌ナンバー1の部数を誇るらしい某誌は、初期は微妙なラインと言えたが今はどう考えてもティーン向けだけど、最新の野生時代でも「キャラクター小説」特集を組んだりしていて、「どうせライトノベルだろ?」みたいな見方は最近されなくなっているらしい。そんなに売れているのか、それとも他が売れなさ過ぎなのか。
 厳密に両者を線引きものがあるとすればそれはレーベルに他ならないと個人的には思うけど、そこは各人諸説様々あるだろう。
 まあ……。

 総括的な言葉を残すとすれば、「ウダウダやってないで早く書け」で。
 

[ 2005/12/22 01:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

後ガケ 

 以上で自作中編小説、「夜明けのエディプス」終了です。
 自作に関しては反省以外特段コメントもなく、また人様が見て面白いと思えるような反省を書く自信はないので、読んでくれた方にはやはりひたすらお礼を。
 ありがとうございました。


 でも以下でネタバレ満開の独り言を吐く。台無しである。
[ 2005/12/17 23:23 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(2)

夜明けのエディプス・跋 

 さて、ここまで斜め読みだろうが飛ばし読みだろうが飽きずに読んでくださった方へ。
 少々気が早いですが、満開のありがとうを贈らせてください。

 それではエピローグ。
[ 2005/12/17 23:07 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・6 

 そして6
 残すは短いエピローグのみです。
 ついて来てるやつはいるかー!
[ 2005/12/17 23:04 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・5 

 五と聞くと孫呉を思い出す。嘘です。
 次で終わりです。これは本当。
 
[ 2005/12/17 23:02 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・4 

 死。
[ 2005/12/17 22:58 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・3 

 さん。
 中編なのでそろそろ終わる。
[ 2005/12/17 22:55 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・2 

 1はちょっと量が多かったような……。
 とりあえずめげずに以下続き。
[ 2005/12/17 22:53 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

夜明けのエディプス・1 


題名  「夜明けのエディプス」
ジャンル 精神劇的チャンバラ

注意   全編通して陰鬱な雰囲気です。

 必要かどうかは知らないけど粗筋など書いてみると、鬱屈した主人公が血気に逸るだけの話です。なんじゃそりゃァ!
 と思った方はちょっと読んでみてもいいやも。
 ちなみに「志束」は<シヅカ>、「彼子」は<カノコ>と読む。(露骨に予防線)

[ 2005/12/17 22:49 ] 夜明けのO | TB(0) | CM(0)

始動不覚悟、切腹 

 上手く投稿できているだろうか。やや緊張。
 
 ……というわけで、冷し中華みたいにブログ始めてみました。管理人のボタンです。
 本格的な始動は年明けくらいに考えてます。
 しかし何もないのも寂しいわけで。手始めに二つほど作品を上げていきたいと思います。
 どちらも古いもので(片方はなんと一年以上前に書いた!)、今の自分から見ても未熟な出来ですが、勢いとかそういったあやふやなものを買っていただければ望外の喜び。
 ゴー。
[ 2005/12/17 22:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。