インクナブラ

 主に創作小説を掲載します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

明けぬ日の 

 今夜も寒い。
 ずいぶんカウンターが回ってるな、と思ったらいつの間にか津村千尋さんと丸居瞬さんのお二方にリンクを張って頂いた模様。
 感謝。

 二人ともLighterという一次創作サークルで活動していたのだけど、私も来年から雑用やら何やらも兼ねて正式に参加することになりそう。その辺りは追々というコトで。

 ところで最近、「一般小説とライトノベル」について少しばかり関心を持っている。
 というのも、自分の立ち位置というのが自分ではよくわからないからだ。
 たとえばこの前掲載した「夜明けの~」はポン刀振り回すという発想そのものは「ライトノベル」だけど、たとえばこんな話が「電撃文庫」あたりに載ってたらどう思うよ? みたいなね。私なら「なにこいつ? ファウスト行けよ。わけわからない。てゆーか主語が多いよ」とか言う絶対。

 ……と、私は今流行の「ファウスト系」にどちらかといえば近いという結論が期せずして出てしまったけれど、まあそれはそれとしておく。でもあれ、購買層はライトノベルとそう変わらないんジャ。

 そういえば、今や文芸誌ナンバー1の部数を誇るらしい某誌は、初期は微妙なラインと言えたが今はどう考えてもティーン向けだけど、最新の野生時代でも「キャラクター小説」特集を組んだりしていて、「どうせライトノベルだろ?」みたいな見方は最近されなくなっているらしい。そんなに売れているのか、それとも他が売れなさ過ぎなのか。
 厳密に両者を線引きものがあるとすればそれはレーベルに他ならないと個人的には思うけど、そこは各人諸説様々あるだろう。
 まあ……。

 総括的な言葉を残すとすれば、「ウダウダやってないで早く書け」で。
 

スポンサーサイト
[ 2005/12/22 01:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
あ、次の話は兄と妹の話だよ、とあまり意味のない予告をする。
[ 2005/12/22 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。