インクナブラ

 主に創作小説を掲載します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

弧人の群・2 

 ライトに、ライトに。
 反響というかそもそも客が来ていないという現実にもめげず、弧人の群第二回。だいたい二日か日毎のアップを自分に課したい。


2.ルゥ・ドゥ



 たぶんわたしそろそろ死ぬと思う、とリュシアンがけだるそうにルゥに告げた。ルゥはその言葉を聞いて自分でも意外なほど動揺した。なぜかはわからない。ただ不吉な予言に心が揺れたのだ。ルゥは戸惑いを気取らせまいとして、つとめて不機嫌に「そう」と答える。そしていつものように薄暗い牢獄の隅で体を投げ出しているリュシアンを横目でうかがう。

 ルゥが暮らす管区が冬季に入り、一ヶ月が過ぎていた。リュシアンを世話するようになってからは四度目の冬だ。今冬は今までに輪をかけて厳しいものだった。先ほども凍りかけた足かせがリュシアンの皮膚に張り付いていたのを、慌てて引き剥がしたところだった。
 当のリュシアンは、今さら肌が欠損することに何の感慨も抱いていないようである。さもありなん、とルゥは改めて、生きていること自体が奇怪なリュシアンの様態を見下ろした。
 包帯の下の左目はまぶたごと抉り取られ、残った右目にも視力はなく、だから彼女は全盲である。さらに四肢も徹底して痛めつけられていた。両足の膝から下は腱を切断され足首は枷に溶接されており、右腕は肩口から切り落とされて左手には手首から先が存在しない。なんでも拷問を受けたという話だったが、拷じた人間がよほどの腕利きであり、また魔女だというリュシアンにヒトよりもずっと優れた体力がなければ、とっくに牢は無人になっていただろう。生来「みにくいもの」に耐性があるルゥでさえリュシアンの怪我を凄惨だと思うのだから、他の人間がリュシアンのいる地下牢に足を踏み入れたがらないのは当然だった。
 しかしそんなリュシアンにも、今年の寒さは堪えているようだ。弱気なことをいいだしたのはそのせいかもしれないとルゥは思った。

「死ぬって、なんでいきなりそんなこと」
「なんとなく、そんな気がした」
「魔女って、未来のこともわかんのか」
「いや」寝転がった体勢で、リュシアンが身じろぎした。鎖がちゃらりと音を立てた。「予言ができるやつはいないと思うよ。ただ、それに近いことならわたしにもできた。今は無理だけど」
「近いことって、たとえば?」

 ルゥがたずねると、一瞬の沈黙を挟んでリュシアンは『予言』した。

「ルゥは今日、河に落ちるでしょう」

 癇に障る笑いを含んだ台詞に、ルゥは顔をしかめた。その手元には水桶が握られている。リュシアンが言う河とは、これから彼が水を汲みに行く場所を指していた。

「縁起でもないこというな」それなりに信心深いルゥは、指で聖印を切りながら憮然とする。「今日なんてひときわ寒いんだ。河に落ちたらあっという間に死んじゃうぞ」
「だろうね。あーあっ、君がいなくなっちゃったら可哀想なわたしの世話をしようだなんて奇特なヒトは、もうここにはいなくなっちゃうだろうなー」
「……寒いから気をつけてって言いたいのか? ひょっとして」

 ひっく、と失敗したしゃっくりのような音がリュシアンの喉から響いた。
 笑われたのだ、とルゥは赤面する。
「冗談だよ」
 と口早に言って出口へ向かった。

「それより」少しの外出にも、施錠を怠らないよう厳命されている。ルゥは分厚い扉にかんぬきをかけながら、部屋の奥に向けて声をかけた。「帰ってきたら昨日の続きだからな。忘れないでよ」

 あいよー、という返事を背に受けて、ルゥは地上へ歩き出した。


――――


 辺境第二十五管区修道院というのがリュシアンの幽閉されている施設の正式名称で、もちろん土地の人間は長ったらしい名前なんて使わずに、その陰気な建物を『修道院』とだけ呼んでいる。修道院の教会施設としての歴史はかなり浅く、まだ設立から五年ほどしか経過していない。
 なぜかといえば、二十五管区がもともとは方国、要は違う国の領土だったためだ。それが三国会議によって教会預かりになるまでには込み入った事情があり、央国の貴族が暫定的にその土地に封じられたのには、さらに複雑な経緯があるらしい。らしいというのは、ルゥもその全貌をつかんでいないためだ。
 もっとも知らないのはルゥばかりではない。厳寒の気候のうえ、目だった都市や産出もない二十五管区をめぐって繊細な外交が行われた、などというのは近隣住民からすれば現実感を欠いた話だった。
 国境線の再設定にともない、開墾の名目で各国からは少なくない移民が二十五管区にやってきたが、その大半は土壌部分の圧倒的な不足に気づくと、最初の冬で早々に本国に帰るか、近場の都市へ逃げ込むという結果に終わっていた。加えて先住民の部落との軋轢や土地所有の問題も頻発している。今では他にいくあてのないわずかな人間が細々と出稼ぎに出て生計を立てているくらいで、特に樹林帯の近辺は閑散としたものである。

 光をさえぎって久しい雲の層をにらみながら、水桶を片手にルゥは流水路へと歩いていく。先ほどリュシアンに漏らしたとおり、この日の寒さは常と比べてもひとしおだった。顔を防寒布で覆っていなければ、肌は数時間で霜焼にかかってしまうだろう。

 修道院の立地は、教会の施設だけあって人里離れた場所にある。そこまでなら通常の修道院と変わりはない。問題は院が慢性の人不足に陥っているところにある。
 そもそも修道院とは、その名の通り信仰を胸に秘めた信徒が俗世から離れて道を修めるための施設である。また神学者をこころざす貴族の子弟や学業に秀でた子供を集めて教育する場でも、同時にある。しかしルゥが働いている修道院はそのどちらでもない。第三の目的があるわけではなく、『経営方針としてどちらを取るべきか』を開院から数年を経た今でも決めあぐねているのだ。院が静まり返っているのは、だから厳粛さのためではなく過疎のためだった。

 起伏の激しい地面を避けて、ルゥは石大地を選んで歩いていく。鍬や鋤では耕すこともできない地面を彼は毛嫌いしていたが、歩くぶんには起伏の激しい土壌部分よりもずっと都合がよかった。蛇の背のように滑らかな地面には足を取られることもないのだ。ただ時折石の割れ目から雑草が頭を出していて、そういった場所に差し掛かるときには注意を払わねばならない。石が脆くなっている可能性があるからである。

 目的地にはほどなく到着した。森林帯と草原の境界部分には、流水路と呼ばれる生活用水の流れる溝がある。近隣の住民は当たり前のように利用しているが、実は水源が定かではない。都市から流れているにしては水質が澄みすぎているから、地下水脈がたまたま地表に末端を表出させているのではないかと見られている。それでも井戸で汲み上げている水ではないから煮沸しなければ飲むことはできないが、体を清める程度にならば充分使えた。

 とうてい飛び越えられない川幅の割に水流の勢いは激しく、そのおかげでひどい寒さの日にも凍結はしないのだが、水深も人間を簡単に飲み込む程度にはあって、危険である。一年に一人くらいは流水路に呑まれたまま姿を消す人間も居た。リュシアンの予言を真に受けたわけではないと自分に言い訳しながら、ルゥはいつもよりずっと慎重に半円状の水路に向かって草の繁る傾斜を降りていく。

「そっと、そーっと……」

 そろそろと足場を確かめながら歩を進め、手を伸ばせば水面に触れられる位置にたどりついた。
 ――対岸に少女が立っているのが見えた。
 見覚えのない顔だ。ルゥは眉間に皺を寄せる。それに少女は、出で立ちからして樹林の奥に住まう先住民たちではないようにも見える。
 毛皮の帽子と厚手の外套にすっぽりと包まれた体は小柄で、若いというよりは幼い印象を受けた。遠目にも、顔立ちには異国の特徴が見受けられる。異邦人なのかもしれない。
 こんな僻地に異邦人。内心で首をひねりながらも、ルゥは不躾に視線を送り続けることはしなかった。ルゥはあまり人見知りはしない。しかし相手が『異邦人』となれば別の問題が浮上する。煩わしいことをもちろん彼は嫌っていたから、穏当に無視することを選んだ。
 しかし、相手はそうではないようだった。

「ねえ」

 と淡白な声がルゥの耳に届いた。水音にかき消されない、ぎりぎりの音量。ルゥは顔を上げ、音源を探った。その先には当然、少女がいる。
 荷物らしい長い筒を手に掲げ持った少女は、その筒でルゥからは遠い水面の一箇所を指していた。変哲のない顔だけがこちらを向いている。

「あれを見て」

 刃物のように鋭く冷えた水に指を浸しながら、ルゥは示された方角を矯めた。濁流がわずかな光を反射して、呼吸する生き物の、うごめくはらわたのようにも見える。
 その岸に近い位置に、わずかな淀みが出来ていた。一瞬ルゥにはそう見えた。正確にはそれは淀みではなく硬直した人体である。理解が追いつかなかったのは、単にそのための努力を怠っていたからだ。
 気づいたとたん、ルゥは瞠目して、腰を浮かせた。

「……おいおい!」

 泡を食って視線をさまよわせるが、先ほどの少女はいなくなっていた。消えたわけではない。対岸は丘陵になっていて、ルゥの立つ側からは少し歩けばすぐに姿が見えなくなる構造になっている。
 逃げたのだ。厄介ごとを嫌って。
 ルゥは舌打ちした。その無責任さに腹が立った。そして怒りをおぼえた以上、ここで見過ごすという選択肢が消える。行き場のない苛立ちを吐息で逃がしながら、ルゥはリュシアンの予言を思い出す。牢に戻った自分を迎える耳障りな笑いを予感し、とっさに頭の中で抗弁をつくりあげた。ぼくは落ちるんじゃないぞ。
 自分から河に入るだけだ。
 その言い訳がどれだけ空しいかはすぐにわかった。永遠に口に出すことはないだろうな、と彼は思った。
 深呼吸すると、ルゥは服を脱ぎにかかった。吹き込んでくる寒風に遅まきながら後悔しはじめたが、少年にも歯を食いしばる程度の意地はあった。


スポンサーサイト
[ 2006/06/01 20:09 ] 弧人の群 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。