インクナブラ

 主に創作小説を掲載します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤い庭 

 ここのところ継続して「観て」いたといえるふたつのアニメの内、RED GARDENというほうの最終回を視聴しました。どうも打ち切りだったらしく、伏線のいくつかは明らかに放置されてともあれまとめた、といった感のある結末ではあったものの、概ね満足。第一話で突然ミュージカルを始めたときにはとにかく目が離せないネタ風味の感覚でいたのに、いつの間にか海外ドラマ的な展開に魅せられていました。
 動く死人やら戦う少女やらという個々の素材自体は、率直に言って陳腐だったけれど、その料理の仕方がちっとも記号的でなかったあたりに力があった。シチュエーションの非日常性に対する各人の懊悩も含んだ日常の描写に非常に力を割いていた点にも好感が持てました。
 振り返ってみると消化不良や活用されなかった伏線(特にリーズ関係)のアラが目立つので、不毛と知りつつ予定通りあと二話あればな、と思います。まあそう思わせる時点で勝ちではないかとも思う。

 さて、毎週楽しみにしていたもうひとつのアニメである妖奇士あやしのほうも打ち切りが決まっているので、最終回までの推移を地味に楽しみにします。

redg


 チームレッドガーデンのロック番長ケイトさん。未来がない?かんけねー!何度でも生き返ってやる!
スポンサーサイト
[ 2007/03/14 21:04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。